寝るをもっと心地よく 快眠メソッド

快適をキープするお手入れのポイント

お気に入りの寝具を、より長い間快適にお使いいただくためのお手入れポイントをご紹介します。

ふとんを干すときのコツ。

合繊ふとん・羊毛ふとんともに、週に1~2回程度が目安。片面2時間ずつ天日干ししましょう。
■天気が良く乾燥した日を選んで、湿気が少ない午前10時から午後3時の間に干すのがベストです。前日が雨だった翌日は湿気があるので避けましょう。
■ふとんの全面に日が当たるように広げて、片面ずつ約2時間を目安に両面を干します。干したら、ふとんの表面のホコリを取り除くように、軽くはたきます。
■ふとんたたきなどで強くたたかないこと。中綿の繊維がちぎれてふとんが傷むことになります。

POINT

カバーやシーツをかけて干すようにすると、直射日光などからふとんの生地が傷みにくくなります。

ウレタン素材のマットも、
ふとんと同じお手入れでいい?

ふとんとは違い日差しに弱いので、日陰干しするようにしましょう。
■ウレタン素材は、直射日光に当てておくと、変色し劣化することがあります。天日干しはせずに、室内で日陰干ししてお手入れするのがおすすめです。

POINT

お部屋の風通しのいい場所に立てかけて、1~2時間程度陰干ししましょう。

長くふとんをしまっておく時に
気をつけることは。

湿気の少ない場所で、通気性のある収納ケースに入れて保管しましょう。
■季節のふとんや来客用のふとんなど、しばらく使わない時は、一度干してからしまうようにしましょう。
■カバーやシーツは外して、通気性のある収納ケース、または大きめの布地(ご利用にならないカバー等)にくるんで保管してください。
■押入れやクローゼットの中は湿気がたまりがちです。湿気をこもらせないように注意しましょう。

POINT

時には収納スペースに扇風機の風を当てたり、お出かけ前に扉を開けておいたり、湿気をこもらせないようにしましょう。

関連記事