寝るをもっと心地よく 快眠メソッド

仰向き派?横向き派?寝姿勢で選ぶ自分に合ったまくら

仰向きと横向き、あなたの寝始めの姿勢はどちらですか?実はまくらを寝姿勢で選ぶと、寝心地はグンと変わります。
今回は、仰向きと横向きそれぞれオススメのまくらをご紹介。欲しかったまくらが見つかるかもしれません。

自然な寝姿勢が快眠のヒケツ。

一般的に、仰向き寝では自然に立った時の姿勢を寝た状態でもキープできると快眠につながると言われています。
また、横向き寝では肩を圧迫しすぎず、背骨をまっすぐ保つことが大切で、高めのまくらがオススメ。
どちらも頭・首・肩がフィットして、自然な寝姿勢を保てるのが理想的です。

仰向き寝にオススメ!
肩から支えるという新発想。

頭と首だけではなく、肩もまくらにのせることで寝姿勢を安定させる新発想の仰向き寝まくら。頭から肩にかけての体のカーブに沿った形状で、楽な姿勢を保ちながら眠ることができます。
また、人はひと晩で20回以上の寝返りを打つと言われますが、高反発の天然ラテックスを使用しスムーズな寝返りをサポート。さらに、天然ラテックスは抗菌作用にも優れた安心素材です。

横向き寝にオススメ!
肩が楽で寝返りも打ちやすい。

横向きで寝ると片方の肩が圧迫されて窮屈という方も多いのでは?この横向き寝まくらは、高めの形状で肩の負担が少なく、さらに肩・頭・首が凹みにフィットして安定しやすいのがポイント。また、眠っている間に疲れをしっかりと取るためにはきちんと寝返りが打てることも大切。
自然と寝返りが打ちやすいアーチ状で左右どちら向きでも心地よく眠ることができます。

寝姿勢以外にも高さや硬さ、中材の素材など人それぞれ好みが変わります。
自分に合ったまくらを、お近くのイオンで探してみませんか?

関連記事